原稿作成の注意点

低画質・標準画質・高画質・郵便はがき 原稿作成時の注意点

機械の仕様上 用紙の端から5ミリは印刷できません
天地左右に必ず5ミリ以上の余白を作成してください

余白がない原稿、余白が5ミリ未満の原稿でも不備にならず受付いたしますが、
5ミリより外側の文字やデザインが切れるか、
原稿全体が余白5ミリに合わせて縮小(約95%)されますのでご了承ください。
裁ち落とし印刷(フチなし印刷)はできません。

ご注文の用紙サイズと同じサイズでご入稿ください。
(当社での拡大縮小は、原稿1 枚につき別途500円)

データ入稿の場合、ファイル形式はPDFのみに対応しております。

印刷される部分と余白

名刺・DMはがき・ラベルシール 原稿作成時の注意点

仕上がりサイズと同じサイズでご入稿ください。
裁ち落とし印刷の場合は、塗り足しを含めたサイズでご入稿ください。

※ ラベルデータの面付け作業は弊社にて行いますので、
  ご入稿の際はラベル1つ分のデータでお願いいたします。
※ データ入稿の場合、ファイル形式はPDFのみに対応しております。

デザイン切れ、塗り足しにご注意!

印刷時に高温の熱が加わることや、機械の振動などの影響により
印刷位置は常に一定ではありません。
印刷開始時に多少の調整はしますが、1枚1枚でどうしてもズレが生じてしまいます。
ズレは完全に防ぐことができないため、原稿の作成時にご注意が必要です。

切れてはいけないデザインが切れないように、
また裁ち落とし印刷ができるように、下記の様式に沿った原稿の作成をお願いしております。


裁ち落し・塗り足しの説明
デザイン切れについて 

切れてはいけない文字やデザインは、
仕上がりサイズの内側3ミリの中に配置してください。

3ミリより外側に配置されたデザインは印刷保障ができません。
印刷位置がズレたときに切れる可能性があります。

3ミリ余裕を持って配置していただくことで、ズレが生じても切れることなく仕上がります。

内側3ミリよりはみ出している原稿でもそのまま進行して構わない、
印刷時に切れても構わない場合は、
ご注文メールの備考欄に「はみ出したデザインが切れても構わない」とご記入いただければ、
不備のご連絡はせずに受付完了いたします。



裁ち落し(塗り足し)について 

裁ち落とし印刷(フチなし印刷)の場合は
裁ち落とししたい色やデザインを外側3ミリまで広げてください。

塗り足しがない、または塗り足しが3ミリ未満の場合、
印刷位置がズレたときに、白地(用紙の地色)が1〜2ミリほど不規則に入り込んでしまいます。

仕上がりサイズよりも3ミリ大きく作成することで、ズレが生じても用紙の端まで色が入る仕上がりになります。

塗り足しがない、塗り足しが足りない原稿でもそのまま進行して構わない、
端に白地が入っても構わない場合は、
ご注文メールの備考欄に「塗り足しがないが白地が入って構わない」とご記入いただければ、
不備のご連絡はせずに受付完了いたします。

無料試し刷り

注文するボタン